もみあげ 脱毛 自己処理

自己処理でもみあげの脱毛をするときの注意点

もみあげ脱毛

顔の脱毛は鼻下や口周りが人気ですが、実はもっとも顔の印象が変わるのが、もみあげです。髪を耳にかけたときや、アップにしたときにもみあげが長いとなんとなく野暮ったい印象が強くなります。また、襟足をキレイに処理したのにもみあげがまとまっていないのも、なんだか残念です。

 

もみあげのお手入れをするだけで、清潔感がありスッキリとした小顔になれるのです。顔の脱毛は自分でもお手入れしやすく、このもみあげも簡単に自己処理ができます。

 

カミソリや毛抜き、電気シェーバーなどが一般的な方法ですが、顔の皮膚はとても薄くデリケートなため、できるだけ刺激の少ない電気シェーバーを使うことでお肌の負担を最小限におさえることができます。

 

自己処理の方法は、まずお肌を清潔な状態にしたうえで、毛の流れに沿って電気シェーバーを当てていきます。もみあげの形は人それぞれなのですべてを一気に処理をしてしまうと、失敗してしまう可能性があるため、自分のイメージする形に慎重に近づけていくことが大切です。

 

処理が終わったあとは、普段よりも敏感になったお肌をしっかりと保湿することも重要なポイントです。自己処理は簡単にできますが頻繁に行う必要があり、またお肌を傷めてしまう危険性があります。できれば、脱毛サロンなどでプロに施術してもらうことをおすすめします。顔脱毛や襟足と一緒に相談しましょう。